Pixel 9はまだ登場していないが、この重要な詳細からPixel 10が明らかになる

知っておくべきこと

  • Google Pixel 10 シリーズは、Samsung ではなく TSMC 製の Tensor チップを搭載する可能性が高い。
  • Android Authority が新たに入手したデータベース情報により、Tensor G5 (コードネーム Laguna) チップセットの製造元が確認されたようです。
  • さらに、Pixel 10 シリーズにはついに 16GB の RAM も搭載される可能性があります。

Pixel 9 は Google の次期期待シリーズですが、新しい情報ではすでに後継の Pixel 10 シリーズ、特にこれらのモデルに搭載されるチップセットに関する興味深い詳細が明らかになっています。

Googleがサムスンを捨てて自社開発のTensor G5チップを採用すると噂されていたが、このチップはPixel 10シリーズに搭載される可能性が高い。しかし、 Android の権威 次期Tensor G5チップはSamsungではなくTSMCが製造することを示唆している。

Advertisement

(画像提供: Android Authority)

同誌は、以前から予想されていた噂に証拠を加える、公開されている貿易データベースを入手した。データベースには、商品を注文した企業(Google(発送元)とTessolve Semiconductor(荷受人))が記載されており、商品の説明からさらに詳しい情報も明らかになっている。

出版物で分類された説明には、Google の部品番号、チップのコード名「ラグナ (LGA)」、商品の種類、梱包タイプ、製造元、および言及されたチップセットが合格したテストの数が記載されています。製造元として TSMC が言及されているのは明らかで、梱包技術は InFO POP であり、これは TSMC にのみ関連していると考えられています。

TSMC の Tensor G5 データベースが漏洩

(画像提供: Android Authority)

Android Authorityのレポートで指摘されているように、言及されている他のパラメータは、Googleがまだ新しいチップをテスト中であることを示しており、Pixel 10シリーズのラインナップに合わせて、公式リリースまで少なくとも16か月かかると予想されています。データベースはさらに、16GBのRAM容量について言及しており、これは現在のモデルのRAM容量からの大幅な増加であるため、期待できる興味深い詳細です。

初心者のために説明すると、Pixel 9シリーズに搭載される予定のTensor G4を含む現在のTensorチップは、2021年の最初のTensorチップ以来、GoogleとSamsungが共同開発しています。

Advertisement

サムスンとの袂を分かったことは、Apple が A シリーズおよび M シリーズ チップで行っているのと同様に、Google が Tensor チップに対するコントロールを強化していることを示唆している。また、Tensor 搭載の Pixel チップの既存の熱問題が最終的に解決され、全体的なパフォーマンスが向上する可能性があることも意味しているが、改善点を判断するには、これらのチップが実際に動作するのを待つ必要がある。

Android の世界の信頼できる仲間である Android Central から最新ニュースを入手しましょう

Advertisement