旅行中、Google翻訳を捨ててChatGPTを使い始めた理由

エドガー・セルバンテス / アンドロイド・オーソリティ

頻繁に旅行する人なら、Google 翻訳はスマートフォンで最も便利なアプリのトップに立つでしょう。海外でのコミュニケーションは、慣れていないアルファベットの場合は特に難しいものです。しかし、Google 翻訳は長年役立ってきましたが、最も都合の悪いときに機能しなくなる傾向があります。解決策は?代わりに ChatGPT を使用することです。不格好または不必要に聞こえるかもしれませんが、翻訳品質の違いは、Google 翻訳から ChatGPT のような AI チャットボットに移行する価値があると確信しています。

Advertisement

ChatGPT vs Google Translate: 私が永久に乗り換える理由

私がよく知っている 2 つ以上の言語で Google Translate と ChatGPT を比較する学術的なテストで皆さんを退屈させることもできます。しかし、その代わりに、私が旅行中に ChatGPT が Google Translate を圧倒した多くの実例をいくつか紹介します。

まず、背景を説明します。Google 翻訳は、現代の大規模言語モデルよりも古くから存在しています。これは、語彙マッチング システムと統計モデルに依存しています。近年、機械学習のトリックをいくつか取り入れていますが、ChatGPT と Google 独自の Gemini モデルは、はるかに多くの言語トレーニングを積んでいます。言うまでもなく、後者は会話用に特別に調整されており、文化的なニュアンスを理解することができます。これらの違いはすべて、はるかに優れたエクスペリエンスにつながります。

Google 翻訳はすべての言語で確実に機能するわけではありません。

Google 翻訳と ChatGPT の違いは、前回のベトナム旅行で痛いほど明らかになりました。ベトナム語は、世界で最もよく話されている言語の多くとは異なり、複雑な発音区別符号システムを持つ声調言語です。発音区別符号を 1 つ間違えると、単語の意味は大きく変わってしまいます。たとえば、「cơm cháy」は「焦げた米」と翻訳されますが、「cơm chay」は「ベジタリアン ライス」と翻訳されます。これは発音区別符号が 1 つ足りないだけであり、一般的なスマートフォン カメラを使用して周囲の世界を翻訳しようとするとよく起こります。

Advertisement

その結果、Google 翻訳はレストランのメニューを常に誤って翻訳してしまい、イライラするほどでした。最終的に ChatGPT に切り替えることにしましたが、その結果に驚きました。レストランのメニューを Google 翻訳と ChatGPT の両方に送信した次の例を自分で見てみましょう。

確かに、Google 翻訳は多くのメニュー項目を正しく翻訳しますが、ニュアンスや文脈を理解しないため、小説を翻訳しているのか、レストランのメニューを翻訳しているのかわかりません。つまり、いくつかの項目で問題が生じ、「化学薬品の豆」のような不適切な翻訳になってしまいます。一方、ChatGPT は画像からレストランの設定を識別したり、フォローアップ メッセージでそれを指定したりできます。これは、「フケ」のような明らかな誤訳が表示されるのを防ぐことができるため、非常に貴重です (はい、私もそのような経験があります)。そして、上のスクリーンショットでわかるように、ChatGPT は問題なくメニューを完璧に処理しました。

どちらのツールを好むかは、ベトナム語だけを基準にしているわけではありません。私は日本でも ChatGPT を使って非常にうまくいきました。Google Translate は確かに日本語全般でははるかに優れていますが、パッケージ商品やその他のラベルではやはりうまくいきません。ChatGPT は、これらの場合、単なる翻訳ツールとしての役割を一歩超えています。

ChatGPT の優れた翻訳には料金を支払う必要がありますか?

gpt 4o 導入ストック

カルヴィン・ワンケデ / Android Authority

翻訳機能を使用するのに ChatGPT の有料版は必要ないことに注意してください。新しい GPT-4o モデルは、ChatGPT Plus の月額サブスクリプションを購入しなくても、誰でも利用できるようになりました。新しいモデルは、画像をアップロードする機能以外にも、外国語の翻訳にも当然拡張される、より高品質の応答を提供します。

ChatGPT の音声会話モードもうまくいきました。これも基本形式では無料で利用できます。ただし、GPT-4o のより高速で感情的な音声チャット モードは、ChatGPT Plus サブスクリプションでのみ使用できます。

私は音声モードを使って外国語の単語を音声で翻訳したり、発音のアドバイスを求めたりしました。ChatGPT は数十の言語を話すことができるので、言語学習には非常に役立つツールです。使用するには、Android または iOS で ChatGPT アプリをダウンロードし、ログイン後にヘッドフォン アイコンをタップするだけです。

もちろん、簡単なワンライナーに Google 翻訳を使用するか ChatGPT を使用するかは問題ではありません。道順を尋ねたり、英語とフランス語などのよく話されている言語を翻訳したりする必要がある場合は、Google 翻訳で十分でしょう。しかし、より珍しい言語、特にアルファベットが異なる言語の場合は、ChatGPT が最適です。

Google 翻訳 vs ChatGPT: 従来の方法が依然として勝っている点

Google翻訳ベトナム語1

ドゥルブ・ブータニ / Android Authority

残念ながら、インターネットに接続していなければ、世界最高の翻訳システムでも機能しません。すでにご存知かもしれませんが、ChatGPT はオフラインでは機能せず、Google 翻訳アプリのように翻訳用の言語パックをダウンロードすることもできません。最新の AI チャットボットには大量の計算能力が必要であり、少なくとも現時点では、スマートフォンはデバイス上で応答を生成することができません。

Advertisement

幸いなことに、eSIM の携帯電話とプランはここ数年で驚くほど安くなりました。今ではほとんどの海外で数ドルで簡単に接続でき、長期滞在の場合はさらに安く物理的な SIM カードを購入できる場合が多いです。これにより、ChatGPT でチャットしたり、翻訳用に画像を送信したりするのに十分なデータが得られます。

まれに、接続が完全に切断された場合は、Google 翻訳に頼るだけです。主要な観光地ではまれなことですし、私は海外の荒野をハイキングするようなタイプではないので、ほとんどの場合、ChatGPT を使用する価値はあります。

Google 翻訳の代わりに ChatGPT を使用する唯一の欠点は、AI チャットボットが従来の機械翻訳ほど速くないことです。マルチモーダル AI は比較的新しい技術であるため、画像を送信する場合は特にそうです。それでも、現代の AI 技術がこれほどうまく機能するのは驚異的であり、最終結果がこれほど優れているのであれば文句を言うつもりはありません。

Advertisement