FFXIVのディレクターがファイナルファンタジーIXリメイクの憶測に反応、今後のスタジオプロジェクトを明らかに

ファイナルファンタジーXIV ディレクター 吉田直樹氏は、噂されている『ファイナルファンタジーIX』のリメイクへの関与についての憶測に反応した。

ファイナルファンタジーXIVでのスピーチ プロデューサーからの手紙ストリーム、 監督 Naoki Yoshida オランダの出版物との最近のインタビューをめぐる噂について釈明した。 ゲーマー.nl ドーントレイルのメディアツアーで。当初彼は、ファイナルファンタジーXIVとファイナルファンタジーXVIの開発チームであるクリエイティブビジネスユニット3が2つの新しいゲームに取り組んでおり、両方のプロジェクトが間もなく発表されるだろうと述べたように見えました。しかし、これは翻訳の間違いであることが判明しました。

Advertisement

吉田氏は、クリエイティブビジネスユニット3が複数のプロジェクトに取り組んでいることは明らかにしたが、すぐに発表するとは言わなかった。また、ファイナルファンタジーIXのリメイク開発への関与に関する噂については、自分がそのようなリメイクには関わっていないと述べて一蹴した。さらに、そのようなゲームは大規模なプロジェクトであり、ファイナルファンタジーVIIのリメイクよりもさらに大規模なものになるかもしれないと述べた。

吉田氏はFFIXリメイクの開発への関与を否定したが、必ずしもその存在を否定したわけではない。最近のGame Mess Morningsのエピソードで、ビデオゲーム業界に詳しいことで知られる司会者のジェフ・グラブ氏は、噂のファイナルファンタジーIXリメイクは本物であり、オリジナル版で見られた古典的なターン制戦闘は維持されるだろうと発言した。

グラブ氏は、このプロジェクトの存在をごく最近知ったという。同氏によると、ファイナルファンタジーIXのリメイクは、ファイナルファンタジーVIIリメイクほど野心的なリメイクにはならないだろうという。野心という点では、同氏はこのプロジェクトをクライシス コア ファイナルファンタジーVII リユニオンとファイナルファンタジーVIIリメイクの中間あたりに分類している。さらに、Reset EraのメンバーであるIm A Hero Tooは、現在開発中の他の日本のゲームについて以前に詳細を明かしているが、 言及された リメイク版では、オリジナルに近い伝統的なゲームプレイが採用される予定です。

Advertisement