リマスターされたスクリーンショットはビジュアルの改善と恐ろしいモンスターを紹介

ナイトダイブスタジオはディープダイブの第一話に合わせて、いくつかの新しいゲーム内スクリーンショットを公開した。 ザ・シング:リマスター環境、テクスチャ、エフェクト、キャラクター モデル、そしてもちろん、走り回る恐ろしいモンスターに対する印象的な強化が強調されています。以下でご確認ください。

NightdiveのKEXエンジンで開発された、 ザ・シング:リマスター 最大 4K 解像度をサポートしているため、高解像度でもさらに鮮明に見えます。また、最新のレンダリング技術により、120 FPS をサポートし、アニメーションとエフェクトが向上しています。ゲームプレイはまだ明らかにされていませんが、オリジナルのディレクターであるマーク・アトキンソンは、ビジュアルのアップグレードに感銘を受けました。

Advertisement

ザ・シング:リマスター 今年後半に Xbox One、Xbox Series X/S、PS4、PS5、PC、Nintendo Switch 向けに発売予定。クラシック モードの切り替えが可能かどうかは不明だが、プレイヤーはプレイの質を向上させる修正 (弾薬切れでスタックする回数が減るなど) を期待できる。また、「スケーラブルな難易度」も用意されるが、「ストーリー モード」のようなものではない。それまでは、今後のアップデートをお楽しみに。


Advertisement