プレイステーションのブルーポイントゲームズは「まだオリジナルタイトルに取り組んでいる」

ブルーポイント・ゲームズは、親会社であるソニー・インタラクティブエンタテインメント向けのオリジナルタイトルを現在も開発中であると発表した。

PlayStationは、PS5のローンチタイトルである『Demon's Souls』のリメイク版である前作のリリースからほぼ1年後の2021年9月に、このスタジオを買収したことを発表した。

Advertisement

この契約により、プラットフォーム所有者と、伝統的に古いゲームのリメイクやリマスターを専門としてきたテキサス州オースティンを拠点とするスタジオとの長期にわたる関係が強化された。

『Demon's Souls』以前には、『God of War Collection』、『The ICO & Shadow of the Colossus Collection』、『Uncharted: The Nathan Drake Collection』、『Gravity Drush Remastered』、『Shadow of the Colossus』のリメイクなどのリマスターを開発しました。

しかし、ソニーによる買収が発表された際、ブルーポイントの社長マルコ・スラッシュ氏は、スタジオは今後オリジナルコンテンツの制作を目指していると語った。

「次のプロジェクトとして、現在オリジナルコンテンツに取り組んでいる」と彼は語った。 IGN「それが何なのかはまだ話せないが、それは私たちにとって進化の次のステップだ。」

Advertisement

買収からほぼ3年が経過し、プレイステーション事業が最近大幅な再編を経た今、ブルーポイントの技術責任者はXのファンから、スタジオがまだオリジナルコンテンツの制作に取り組んでいるかどうか尋ねられた。

「オリジナルタイトルに取り組んでいるという声明から何も変わっていません」とピーター・ダルトンは語った。 返答した「何事にも時間がかかります。私たちはスキルを磨くことに全力を尽くします!」

知らせ: この埋め込みを表示するには、機能Cookieの使用を許可してください。 クッキーの設定