ダンガンロンパの制作者はどうやら新しいスイッチゲームのせいで借金を抱えているようだ

画像: アニプレックス

任天堂の最新の Direct ショーケースで、開発元の Too Kyoo Games と発売元の Aniplex から、非常に期待の持てる『The Hundred Line -Last Defence Academy-』が発表されました。

のコラボレーションにより誕生 ダンガンロンパ シリーズライターの小高和剛と ゼロエスケープ 制作者の打越鋼太郎氏によると、このゲームは2025年に発売される予定だが、 ファミ通 (ありがとう、 オートマトン)、どうやらプロジェクトの進行に困難が生じ、最終的にToo Kyoo Gamesは負債を抱えることとなったようです。

Advertisement

このプロジェクトの開発は、2017年にToo Kyoo Gamesが設立されてから間もなく始まったようですが、出版契約が破談になった後、ゲームに大幅な変更が加えられました。当初は「インディー規模」のプロジェクトとして始まったものが、今では大幅に多額の投資を必要としています。

そのため、トゥー・キョー・ゲームズはアニプレックスと契約する前に、ゲーム開発を支援するためにローンを組んだが、トゥー・キョーのメンバーは株式の売却で必要な資本を調達することができなかったため、スタジオは負債に陥った。アニプレックスは幸いにもチームと協力する意向だったが、トゥー・キョー・ゲームズは今日まで負債を抱えていると報じられている。

見た目がかなり良いというのは良いことです。戦略 RPG の要素とダンガンロンパ シリーズの古典的なビジュアル ノベルのインタラクションを融合したこのゲームは、2025 年のリリースが近づくにつれて、さらに詳しく知るのが待ちきれません。

前提を思い出してみましょう:

Advertisement

ダンガンロンパ シリーズ! 隅野巧は、最終防衛学園に転校させられるまで、平凡な人生を送っていました。彼の使命は、学校侵入者と呼ばれる謎の敵から学校を100日間守ることです。巧として、失われた日常生活を取り戻そうとする15人の仲間とともに、学校の謎の真実を探ります。学校を探索し、友達との戦いに備え、戦略的なRPGバトルで侵入者と戦ってください。

Advertisement