「アルテミス1? 成功。 そしてすぐに、アルテミス2の乗組員を発表します。」

地球への帰還が始まりました。 ミッションのオリオン宇宙船のために アルテミス1月軌道は12月1日金曜日に放棄され、コマンドモジュールを運ぶ旅に出ました。 オリオン 大気層に突入する前に、 欧州サービス モジュール 12 月 11 日 18 時 30 分頃に予定されているパラシュートでの着陸を試みるためにヨーロッパで行われました (イタリア)。 地球と月の間のそれぞれの位置が異なるため、SLSキャリアロケットが9月または10月に出発した場合に予想される42日間ではなく、25日間続いたミッションの結論となります。

この最初のミッションでは、 アルテミスプログラム 宇宙飛行士はいませんが、11 月 16 日に強力な SLS で打ち上げられた宇宙船には、センサーと技術装置を搭載した 3 つのマネキンと、移動中ははるかに高い電離放射線を測定するための線量計があります (基礎が築かれています)。地球の軌道を超えています。

Artemisについてマネージャーの1人と話す機会がありました NASA プログラムの サム・シミミ博士有人宇宙探査プログラムの総局である米国宇宙機関の上級アシスタント探査システム開発です。

Scimemi はゲストの 1 人であり、NSE 2022 の多くの権威あるスピーカーの中で、 新しい宇宙経済フォーラム主催」アマルディ財団」ローマフェアで。 後者は、現在第 4 回目の年次イベントの本拠地でもあり、今年は 2019 年と同様に、再び直接開催されます。

Orion はヨーロッパの ESM モジュールを搭載し、時速 39,000 キロメートルで地球に向けて発射していますが、次のミッションについてはすでに検討しており、早くも Artemis 2 に宇宙飛行士が搭乗する予定であり、ロボットを含むその他のミッションも計画されています。 「私たちの人間とロボットによる月での活動はすべて、この新世代の月探査の一部です。アルテミス.私たちは月に戻って科学的発見を行い、技術を改善し、別の世界での生活と作業について学び、火星への有人ミッションの準備をしています.」

「アルテミス 1 の後、私たちはイニシアチブを通じて一連の機器を月に送り始めます。Scimemi は言います。 商用月面ペイロード サービス (CLPS). アルテミスの間、NASA は科学的調査と技術実験のために数十の新しいミッションを月に送ります。 そして次のステップでは、月面に関する基礎的な惑星科学の疑問に答えるのに役立つシステムと技術が、火星に関する同様の調査に貢献するでしょう。」

「アルテミスの最初の有人ミッションは、2024 年に予定されているアルテミス 2 のテスト飛行です。アルテミス 3 は 2025 年に予定されており、アルテミス 4 は 2027 年に予定されています。その後、アルテミスの有人ミッションは、インフラストラクチャと機能を開発するために毎年継続されます。ゲートウェイ宇宙ステーションで月面と月周回軌道に乗っています。」

したがって、次のミッションの乗組員はまもなく発表される予定です。ミッションのレビュー」 – NASAの幹部を確認します.

その「兄」アポロとは異なり、国際協力に基づいたアルテミスのプログラム。 この文脈において、イタリアは重要な役割を担っています。ゲートウェイの最初の居住地であるアウトポスト ハウジング アンド ロジスティクス (HALO) を開発します。これは、ゲートウェイの動力および推進要素 (PPE) と共に 2024 年に発売される予定です。

「ヨーロッパの ESA も、2 番目のゲートウェイ生息地である I-Hab を提供します。 NASA はまた、正式な合意はなされていませんが、月面の居住可能性へのさらなる貢献についてイタリア宇宙機関と話し合っています。 また、イタリアは、1967 年の宇宙条約に基づいて、将来の探査のための安全で透明な環境を作成するための原則の共有ビジョンを概説するアルテミス協定にも署名しています。」

前進し、2030 年の 10 年を見据えると、火星は大きな目標になるのでしょうか? また、NASA は、国際的なパートナーと共に、月への帰還と、太陽系のさらに先にある過去の生命を探すための火星への最初の有人ミッションを主導します。 月での運用により、NASA は、着陸や電力供給技術だけでなく、突入、降下、上昇など、火星ミッションに不可欠な技術を開発できるようになります。」